利用方法や使用シーン別に見る、おすすめのキーケース

キーケース

自宅や車、自転車などの鍵をまとめて収納できる「キーケース」は、それぞれの鍵を単体で管理するのに比べて紛失リスクを減らせるばかりか、見た目にスマートな印象を与えることができます。 しかし実際に選ぼうとすると、あまりに沢山の種類やデザインなどがあり、なかなか決められませんよね。 そこでここでは、キーケースを選ぶ際のおすすめの方法をご紹介します。 キーケースのプレゼントを検討されている方も、ぜひ参考にしてみてください。

「キーケース」は利用方法に合わせてサイズを選ぶのがおすすめ

「キーケース」は毎日持ち歩くアイテムなので、購入する際に、日常生活で携帯しやすいサイズであることをしっかりチェックするのが重要です。
手のひらに収まるコンパクトな「キーケース」から、収納力重視の大きめサイズの「キーケース」まで幅広く展開されているので、ポケットに入れて持ち歩くのか、バッグに入れることが多いのかによってサイズを決めましょう。
また最近はスマートキー収納に対応した「キーケース」も増え、スマートキーが収納できる大きめのサイズの「キーケース」や、スマートキー専用の収納スペースを確保している「キーケース」などが展開されています。
クルマ好きの方へのプレゼントを検討されている方は、スマートキー対応の「キーケース」もチェックしてみてください。

使用する鍵の本数によって変わる、おすすめの「キーケース」

「キーケース」を選ぶ上で、意外と見落としがちなのがフックの数。
いま使っている鍵の本数だけでなく、今後増える可能性も考慮して、適切なフック数の「キーケース」を選ぶのが大事です。
ふだん使用する鍵の本数が多い方には、4連や6連のフックを備えた「キーケース」がおすすめ。多くのブランドが展開をしているスタンダードなタイプなので、幅広いデザインやカラー、価格帯のなかから選べるのが嬉しいですね。
また、ふだん自動車や自転車に乗らない方には、1~2本の鍵をスマートに持ち歩くタイプの「キーケース」がおすすめです。キーリングに鍵を取り付けるタイプであれば、鍵の本数が少し増えても対応しやすく便利ですよ。

小銭入れやカードケースとして兼用できる「キーケース」もおすすめ

荷物のミニマル化を目指す方におすすめなのが、小銭入れとして兼用できる「キーケース」。メインの財布に小銭を入れる必要がないので、スッキリ使うことができます。
またポケットを装備した「キーケース」であれば、クレジットカードや紙幣も一緒に収納できるので、外出時に「キーケース」だけを携帯すればOK。
ふだん電車をよく利用される方におすすめしたいのが、パスケース付きの「キーケース」。さらにポケットを複数装備しているものであれば、交通系ICカードだけでなく、保険証や免許証もまとめて収納できます。

万双が展開する「ブライドルキーケース」と「スマートキーケース」

万双でご用意しているキーケースは、「ブライドルキーケース」と「スマートキーケース」の2種類。
「ブライドル キーケース」は、得意とするダレスバッグの製法を活かして製作。高級ブライドルレザー一枚革でキーフック(大x1・小x5)を包み込むように構成し、革の継ぎはぎを無くすことで緩やかで綺麗な丸みを出しています。手にとると優しく弾力のある革の感触を味わえるので、革製品愛好家の方には堪らない一品になっています。
「スマートキーケース」は、あらゆるスマートキーの型をパターン化することで、スマートキー本来のフォルムを崩さない”包む”ケースを実現。お使いのスマートキーのスタイリッシュなフォルムを保ち、機能的な革製「キーケース」としてご利用いただけます。

25件中 1-25件表示

クロコダイル キーケース

¥ 20,900 税込
在庫切れ

ブライドル リングキーホルダー

¥ 4,180 税込

コードバン キーケース

¥ 13,530 税込

ブライドル キーケース

¥ 8,250 税込

ブライドル キーホルダー

¥ 6,050 税込
25件中 1-25件表示

万双 店舗一覧

Shop List

お持ちの万双製品を店舗・アトリエにご持参いただければ、
その場で万双オリジナルのエイジングクリームを使用したメンテナンスを行わせていただきます。

また、革の種類や状態にあわせてご自宅でできるケアやエイジングについて、
専門家がアドバイスさせていただきますのでお気軽にご相談ください。

東京店

東京店

狭い店舗ですが、実際に世界最高の革と製品を手にとってご覧いただけます。ホームページ上ではお伝えする事のできない製品の良さや革の説明、製品の見分け方など、色々興味深い事をお客様にお伝えする事が出来ます。是非ご来店下さい。

神戸店

神戸店

デザイナーの田中が常駐しているアトリエを兼ねた店舗になります。商品数は決して多くありませんが、ご希望があれば東京店から品物を取り寄せることも可能です。遠慮なくお申し付けください。