結婚式に「セカンドバッグ」が必要な理由。

クラッチバッグ

結婚式に携行するバッグは「セカンドバッグ」あるいはクラッチバッグが常識とされていますが、その理由をご存知でしょうか?
ここでは結婚式には「セカンドバッグ」である理由と、最適な「セカンドバッグ」の選び方や持ち方などをご紹介します。
近く結婚式に列席される予定の方は、ぜひチェックを。

結婚式に「セカンドバッグ」を携行するのは基本マナー。

男性の場合、本来は手ぶらでバッグを持たないのが結婚式でのマナーとされています。しかしその場合、携帯電話や財布など持ち物を全てスーツのポケットに入れることになるため、スーツのシルエットが崩れてしまうことも。
またビジネスバッグでの結婚式の参加は基本NGです。イスの横などに置いていては、結婚式の景観が乱れますし、列席者の移動の邪魔になります。
以上のことから、男性が結婚式に携行するバッグは「セカンドバッグ(クラッチバッグ)」が最適と言えます。
荷物が多い場合はメインのバッグをクロークに預け、招待状やご祝儀、財布や携帯電話など必要最低限の荷物を「セカンドバッグ」に収納して会場に入りましょう。

結婚式で恥をかかない「セカンドバッグ」の選び方。

大きさはA4サイズまでが許容範囲ですが、フォーマルバッグは小さいものが基本マナーとなるので、より小さいサイズの方がベター。座った時に膝の上に収まるサイズを選びましょう。
なおA4以上のサイズはカジュアルに見えてしまい、また式場内で邪魔になるのでチョイスしない方が無難です。
色はもっともフォーマルな黒がおすすめ。また、黒に近いダークカラーもフォーマルなコーディネートに馴染みます。柄は無地がベストですね。
明るい色のもの、クロコ柄やブランドロゴなど柄がはっきりわかるものはフォーマルシーンに向かないので、基本NGです。
素材はフォーマル感が強く、スーツのコーディネートに合わせやすいレザーがおすすめ。
ナイロンやキャンバスといった素材はカジュアルに見えるので、結婚式にはNG。また、装飾がついているものも避けましょう。

結婚式でのおしゃれな「セカンドバッグ」の持ち方。

ここでは「セカンドバッグ」(クラッチバッグを含む)の、おしゃれな持ち方をご紹介します。
【底持ち】は、「セカンドバッグ」またはクラッチバッグの底をしっかりと手で支え、身体の横に携える安定感あるベーシックな持ち方です。
【つまみ持ち】は、クラッチバッグの上部や角をつまみ持ち歩く方法。とくに細めのクラッチバッグの場合、この持ち方をするとこなれて見えるのでおすすめ。ただし、なにかの拍子にバッグを落としやすいので注意が必要です。
「セカンドバッグ」の素材や持ち物の量によって持ちやすさは変わるので、ご自身で持ちやすい方をお選びください。

大人っぽい雰囲気で機能性にも優れた万双のクラッチバッグ。

万双が提供する「双鞣和地 クラッチバッグ」は、横29.0×高さ17.0×奥行き5.0(cm)と「底持ち」にも「つまみ持ち」にも最適なサイズ。
また内部中央にファスナー付きポケット×1、スリットタイプのポケット×3を実装しているので、荷物を小分けして収納ができるのが便利です。
素材は、6年以上の月日をかけて開発した万双独自の皮革「双鞣和地(そうなめしわじ)」を使用。 全世界でも10%に満たないタンナーでしか行っていない「フルタンニン」での二度鞣しを独自の配合で行い、驚くほどのしなやかさと堅牢さを併せ持っています。
また使い込むほど美しく進化する独特の表情は、大人っぽい雰囲気を醸し出してくれます。

2件中 1-2件表示

双鞣和地 クラッチバッグ

¥ 38,000 税抜
¥ 41,800 税込

双鞣和地 セカンドバッグ

¥ 23,000 税抜
¥ 25,300 税込
2件中 1-2件表示

万双 店舗一覧

Shop List

お持ちの万双製品を店舗・アトリエにご持参いただければ、
その場で万双オリジナルのエイジングクリームを使用したメンテナンスを行わせていただきます。

また、革の種類や状態にあわせてご自宅でできるケアやエイジングについて、
専門家がアドバイスさせていただきますのでお気軽にご相談ください。

東京店

東京店

狭い店舗ですが、実際に世界最高の革と製品を手にとってご覧いただけます。ホームページ上ではお伝えする事のできない製品の良さや革の説明、製品の見分け方など、色々興味深い事をお客様にお伝えする事が出来ます。是非ご来店下さい。