「ブリーフケース」とは。名前の由来から特徴や種類、選び方などを一挙紹介。

ブリーフケース

ビジネスシーンで最も利用されているバッグの「ブリーフケース」。
しかしデザインや素材など色んな種類があり「どれを選んでいいか悩む」という方も多いのでは?
ここでは「ブリーフケース」の名前の由来から、デザインや素材の種類、用途別の選び方などについてご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

「ブリーフケース」の名前の由来は、弁護士が使っていたバッグ。

ブリーフケースは英語で「briefcase」と書き、一般的には薄い角型のバッグを指します。
ビジネスブリーフ、ブリーフケース、ビジネスブリーフと呼び方はさまざま。
名前の由来については諸説ありますが、「弁護士が裁判所に提示する訴訟事件摘要書(brief)を持ち運ぶために使ったバッグ」というのが通説です。
書類を入れるための薄い箱型をした形状のバッグで、男性の場合もっともポピュラーな、スーツ姿に一番シックリくるビジネスバッグと言えるでしょう。
デザインやカラー展開が豊富で、多様なビジネスシーンで使うことができます。

「ブリーフケース」のデザインは、クラシックからバックパックまでさまざま。

「ブリーフケース」のデザインは大きく分けると2種類。
「被せタイプ」は、外側にポケットを一切備え付けることなく、背胴から止め具までをブライドルレザーなどの一枚革で覆い、フロントの錠前で留めるクラシックなデザインが特徴。
「ファスナータイプ」はファスナーで開口する、現代のビジネスシーンでポピュラーな仕様。上部のみにファスナーが付いている「天ファスナー」が一般的ですが、上部から側面下部まで大きく開く「三方開き」もあります。
本来は持ち手のみを備えていましたが、パソコンなど重い荷物を長時間持ち運べるよう、最近では肩がけできる2WAYタイプや、バックパック(リュックサック)のように背負うこともできる3WAYタイプも多く発売されています。

素材やサイズは、カジュアルなものからステータスのあるものまで。

「ブリーフケース」のサイズは、A5サイズの小さなタイプから、ビジネスで多く使われるA4サイズが入るのもの、大きな図面やプレゼン資料を折り曲げることなく持ち運べるA3サイズまで幅広いサイズ展開があります。
なお電車通勤の方は、膝の上に「ブリーフケース」を置いて座っても、隣の乗客に当たらない幅40cm程度までがおすすめです。
また素材は、本革製、ナイロン製、革と他素材とのコンビネーションが中心。
一生モノの「ブリーフケース」をお探しなら、使い込むほどに色艶が増し経年変化を楽しめる本革製がおすすめです。革製のバックは取引先などから信頼感を得られやすく、ある程度の役職の方ならステータス感を示すことも。
ナイロン素材は軽量なのがポイント。また撥水加工が施されたものは雨にも強く安心です。
コンビネーションのタイプは、本革製よりも軽量ながら、ナイロン素材のカジュアル感と一線を画した雰囲気を醸し出してくれます。

用途や利用シーン別「ブリーフケース」の選び方。

「ブリーフケース」は縦横のサイズだけでなく、厚さ(マチ幅)もさまざま。持ち物や容量に合わせてじっくり検討して選ぶのが重要です。
もし収納する荷物の量がたびたび変わる場合は、マチ拡張機能のついたものを選びましょう。側面ファスナーを広げることで本体のマチ幅が変えられるので、書類の増減が多い人には何かと頼りになります。
また外回りや出張が多い方は、底面に金具やゴム素材の底鋲が付属しているものを選ぶと便利。バッグ自体が自立しやすく、床に置いた際の汚れを防いでくれます。
その他にも自転車通勤には3Wayタイプが活用できるなど、用途や利用シーンによって「ブリーフケース」の選び方はさまざま。
日頃の通勤方法や仕事の進め方などに合わせて、じっくり検討してみましょう。

11件中 1-11件表示

双鞣和地 天ファスナー

¥ 49,500 税込
在庫切れ

ブライドル ブリーフケース(B4)

¥ 88,000 税込

ブライドル ブリーフケース(A4)

¥ 82,500 税込

シモーネBOXダブル天ファスナー

¥ 60,500 税込

シモーネBOXシングル天ファスナー

¥ 52,800 税込

ブライドル 天ファスナー

¥ 63,800 税込

双鞣和地 トートブリーフ

¥ 71,500 税込

双鞣和地 シングルブリーフケース

¥ 63,800 税込

双鞣和地 ダブルブリーフケース

¥ 73,700 税込

ブライドル ダブル天ファスナー

¥ 93,500 税込

ブライドル シングル天ファスナー

¥ 75,900 税込
11件中 1-11件表示

万双 店舗一覧

Shop List

お持ちの万双製品を店舗・アトリエにご持参いただければ、
その場で万双オリジナルのエイジングクリームを使用したメンテナンスを行わせていただきます。

また、革の種類や状態にあわせてご自宅でできるケアやエイジングについて、
専門家がアドバイスさせていただきますのでお気軽にご相談ください。

東京店

東京店

狭い店舗ですが、実際に世界最高の革と製品を手にとってご覧いただけます。ホームページ上ではお伝えする事のできない製品の良さや革の説明、製品の見分け方など、色々興味深い事をお客様にお伝えする事が出来ます。是非ご来店下さい。

神戸店

神戸店

デザイナーの田中が常駐しているアトリエを兼ねた店舗になります。商品数は決して多くありませんが、ご希望があれば東京店から品物を取り寄せることも可能です。遠慮なくお申し付けください。