小銭入れと財布を分ける意味について考えてみた。

コインケース

「小銭入れに興味はあるものの、財布と分ける意味は本当にあるのか?」
「長財布と別々に持ち歩くのは面倒じゃない?」
「そもそも小銭入れを持つメリットって何だろう?」
こうした疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。
そこでここでは「小銭入れと財布を分ける意味」について解説しています。
小銭入れに興味があるものの購入に至っていない、という方はぜひご一読ください。

財布をスマートに維持するのが、小銭入れと財布を分ける意味。

財布一つに紙幣も硬貨もまとめて収納していると、硬貨が大量に増えた際に財布がもっこりと膨らんでしまい、ジャケットの胸ポケットなどに入らなくなることも。
日本は小銭の種類が多いので、どうしても枚数が増えてしまい、それをそのまま財布に収納していると財布が肥大化、その状態が長い期間続くと財布が変形してしまうこともあります。
財布を常に薄くスマートに維持し、変形を防ぐのが、小銭入れと財布を分ける意味と言えるでしょう。

ちょっとした買い物の時に、小銭入れと財布を分ける意味を感じる。

最近はキャッシュレス化が加速して、紙幣や硬貨を持ち歩く機会が減りましたよね。 クレジットカードや交通系ICカード、スマホによるQRコードなどの普及により、財布すら持ち歩かないという人も増えているそう。
それでもお店や自動販売機によっては未だに現金しか使えないところがあり、お会計の時に焦らないためにも「小銭入れだけ持って外出する」という方も多いと聞きます。
カード収納スペースを装備した小銭入れもあり、ちょっとした買い物の時こそ、小銭入れと財布を分ける意味を感じる、という方も多いのでは?

会計時に慌てないためにも、小銭入れと財布を分ける意味がある。

長財布や二つ折り財布などの場合は、小銭入れ部分が小さく浅いものが多いですよね。いざ硬貨を出そうとすると中がよく見えなかったり、もらったお釣りを収納する時にまごついたり。
そうならないために、小銭入れと財布を分ける意味があります。
ほとんどの小銭入れは間口が大きく広がる仕様になっているので、中身が見えやすく、また硬貨の出し入れをしやすい構造になっています。
会計時に慌てないためにも、小銭入れと財布を分けて持ち歩いてみましょう。

小銭入れなら複数持ちして、使い分けることも可能に。

長財布や二つ折り財布などと比べ小銭入れは価格が抑えられていますので、いくつか異なるタイプやカラーを購入し、その時の服装や気分によって使い分けるということも可能です。
小銭入れはいくつあっても邪魔になりませんし楽しめるので、プレゼントにも最適。
もし贈り物に革小物を考えていらっしゃるのであれば、小銭入れを検討してみてはいかがでしょうか?

並び替え
2件中 1-2件表示

コードバン ボックス型小銭入れ

¥ 11,330 税込

ブライドル ボックス型小銭入れ

¥ 8,250 税込
並び替え
2件中 1-2件表示

万双 店舗一覧

Shop List

お持ちの万双製品を店舗・アトリエにご持参いただければ、
その場で万双オリジナルのエイジングクリームを使用したメンテナンスを行わせていただきます。

また、革の種類や状態にあわせてご自宅でできるケアやエイジングについて、
専門家がアドバイスさせていただきますのでお気軽にご相談ください。

東京店

東京店

狭い店舗ですが、実際に世界最高の革と製品を手にとってご覧いただけます。ホームページ上ではお伝えする事のできない製品の良さや革の説明、製品の見分け方など、色々興味深い事をお客様にお伝えする事が出来ます。是非ご来店下さい。

神戸店

神戸店

デザイナーの田中が常駐しているアトリエを兼ねた店舗になります。商品数は決して多くありませんが、ご希望があれば東京店から品物を取り寄せることも可能です。遠慮なくお申し付けください。