「BOX型小銭入れ」の特徴や魅力についてご紹介します。

コインケース

お財布携帯やICカードで支払いをする機会が増えたことで、長財布などを持ち歩かない人が増えていますが、その一方で注目を集めているのが小銭入れ。
ちょっとした買い物や食事のお会計で現金しか使えないお店がまだまだあることから、「万が一のために硬貨だけ持ち歩いている」という方が増えているそう。
しかし一口に小銭入れと言っても、色んなタイプがあって選ぶのに迷いますよね。
そこでここでは「BOX型小銭入れ」の特徴や魅力についてご紹介します。
「BOX型小銭入れ」の購入を検討している方はもちろん、「BOX型小銭入れ」に興味がないという方も是非ご覧ください。

スマートに会計ができる「BOX型小銭入れ」。

「BOX型小銭入れ」は、硬貨を頻繁に使う方にこそおすすめします。
口を開くと内側が箱のような形になっており、一目で中身を確認することができるので、会計時に戸惑うことなく硬貨を取り出すことができます。
また最近はカードを収納できる仕様の「BOX型小銭入れ」もあり、一つ持てばほとんどの支払いに対応できるので、ほぼ手ぶらでスマートに外出することも可能になります。

「BOX型小銭入れ」の主な革素材は2種類。

「BOX型小銭入れ」によく使われる代表的な革素材は以下の通り。
キング・オブ・レザーと呼ばれ、希少性が高い馬の臀部の革である「コードバン」は、キメが細かくしっとりとした質感で、使い込むほど美しい光沢が生まれるのが特徴。また傷に強く、牛革の3倍ともいわれる耐久性の高さも魅力です。
使い込むほど味わいが増す牛革は、市販の財布や小銭入れとして最もよく使われている素材ですが、なかでも人気があるのが、生後6ヶ月以内の牛革で高級品の「カーフ」。また生後6ヶ月から1年ほどの「キップ」は、カーフよりも厚手なのが特徴です。なお、乗馬に使う馬具のために作られた「ブライドルレザー」も、原料は牛革になります。

「BOX型小銭入れ」でチェックすべきは革質。

「BOX型小銭入れ」でよくあるトラブルが“小銭漏れ”。使い込んで革がなじんできた頃に蓋の隙間から硬貨が落ちてしまう現象で、とくに小銭入れを横に振った時や、硬貨の収納枚数が少ない時に起こりがちです。
へたりやすい革を使用している「BOX型小銭入れ」ほど、この“小銭漏れ”を引き起こしやすいので、「BOX型小銭入れ」を購入する際は、革質に定評のあるブランドのものを選びましょう。

従来の問題を解決した万双の「BOX型小銭入れ」。

万双が展開する「BOX型小銭入れ」は、小銭入れの問題としてありがちな“小銭漏れ”を解消しているのが特徴。
試行錯誤を繰り返し、革が馴染んでもフォルムが崩れない革の組み方や縫製を発見。長年の使用に耐えうる「BOX型小銭入れ」を完成させています。
革は2種類で展開。「ブライドルレザー」は、じっくり緩やかにエイジングをしていくので、ビジネスシーンでも違和感なく長く愛用いただけます。
また、伝統的な水染め染色方法であるアニリン染めを施した「コードバン」は、職人が屈曲性に強い部位を選んで使用しているので、どんなに使い込んでも、コードバン特有の艶や光沢をお楽しみいただけるようになっています。

並び替え
2件中 1-2件表示

ブライドル ボックス型小銭入れ

¥ 8,250 税込

コードバン ボックス型小銭入れ

¥ 11,330 税込
並び替え
2件中 1-2件表示

万双 店舗一覧

Shop List

お持ちの万双製品を店舗・アトリエにご持参いただければ、
その場で万双オリジナルのエイジングクリームを使用したメンテナンスを行わせていただきます。

また、革の種類や状態にあわせてご自宅でできるケアやエイジングについて、
専門家がアドバイスさせていただきますのでお気軽にご相談ください。

東京店

東京店

狭い店舗ですが、実際に世界最高の革と製品を手にとってご覧いただけます。ホームページ上ではお伝えする事のできない製品の良さや革の説明、製品の見分け方など、色々興味深い事をお客様にお伝えする事が出来ます。是非ご来店下さい。

神戸店

神戸店

デザイナーの田中が常駐しているアトリエを兼ねた店舗になります。商品数は決して多くありませんが、ご希望があれば東京店から品物を取り寄せることも可能です。遠慮なくお申し付けください。