クロコダイル名刺入れの魅力と使い方、教えます。

クロコダイル

名刺入れは所有者の第一印象を決める、大事な役割を担っています。
名刺交換中はもちろん、商談中も相手の目につきやすいため、品質が高いものを選ぶのがベター。
その点で、クロコダイルの名刺入れは最適な一品と言えます。
ここではクロコダイル名刺入れの魅力と、使い方について解説していきます。
クロコダイル名刺入れをお探しの方は、ぜひ参考にしてみてください。

牛革の10倍!丈夫なクロコダイル名刺入れの魅力。

一般的にはあまり知られていませんが、生物学的にワニ目に分類されている23種類のうち、「クロコダイルレザー」を名乗れるのは、実はたったの4種類。
「スモールクロコダイル(イリエワニ)」
「ナイルクロコダイル(ナイルワニ)」
「ラージクロコダイル(ニューギニアワニ)」
「シャムクロコダイル(シャムワニ)」
のみになります。
それだけ希少価値が高いわけですが、クロコダイルの革の魅力はそれだけではありません。
牛革の10倍と言われる素材の強度も、大変魅力的。
分厚い角質層に覆われた革は強度・耐久性に優れ、かつ軽くてしなやかという特徴もあわせ持っているため、革製品としての利便性も抜群です。
クロコダイルの名刺入れであれば、10年以上は十分に使い続けられるのではないでしょうか。

クロコダイルの「仕上げ方法」でエイジングが変わる。

クロコダイルの革は、最初から光沢があるものと、マットな雰囲気の2種類に分けられます。
これは革の「仕上げ」の違いによるものです。
ピカピカとした光沢があるクロコダイルは、「グレージング仕上げ(シャイニング仕上げ)」と呼ばれる加工を施したものになります。
染色した革の表面にバインダーというタンパク質の仕上げ剤を塗布し、メノウという石で磨き上げられて生まれた光沢は、透明度のある何とも言えない見事な輝きを放ちます(この光沢は、エイジングによって落ち着いていきます)。
一方「マット仕上げ」の加工が施されたクロコダイルは、バフと呼ばれる柔らかい皮や布状のもので磨き上げることによって、革に柔らかさとしっとり感が出ます。
最初から光沢が出ている「グレージング仕上げ」と違い、「マット仕上げ」は、エイジングによってだんだん艶が出てくるのが特徴。
最初にリッチな光沢が欲しい方は「グレージング仕上げ」のクロコダイル名刺入れを、「自分だけのエイジングを楽しみたい」「素材の質感を味わいたい」という方は「マット仕上げ」のクロコダイルの名刺入れを選ぶことをおすすめします。

クロコダイル名刺入れの正しいケア方法。

クロコダイルの表面は、汚れが付着して曇りやすい特性があります。マメにブラッシングをして表面の汚れを取り除き、柔らかい布で乾拭きを続けると、綺麗な状態を維持できるだけでなく、美しい光沢を楽しむこともできます。
革の表面にカサつきを感じたら、専用のクリームを塗布してください。
その際は必ず事前にブラッシングをするなどして、表面に付いた汚れやホコリ、古いクリームの成分などを落としてください。
クリームを塗布したら5分ほど放置し、乾いたら柔らかい布で磨き上げて下さい。
急な雨などにより水に濡れてしまった場合は、すぐに乾いた布で水気を拭き取り、陰干しをして下さい。
なおドライヤーや日光に当てるなどの急速乾燥は、革にダメージを与えますので、くれぐれもご注意ください。

最高級の素材で仕上げた万双のクロコダイル名刺入れ。

万双が名刺入れに採用しているクロコダイルは、誰もが知る仏高級メゾン専属のタンナーから仕入れており、さらに腑の美しさにこだわって贅沢に使用しています。
また革本来のエイジングを楽しんでいただけるよう、鞣し後にオイル仕上げを施しています。これにより最初はマットな表情ながら、使い込んでいくうちに革本来の豊かな艶を堪能することができます。
また、名刺収納部x1、ポケットx3を装備しており、収納力と名刺の取り出しやすさにもこだわっています。
名刺収納部は40枚ほど余裕で入れることができるので、いただいた名刺の保管に活用することも可能。
カラー展開は「ブラック」「ダークブラウン」「キャメル」「ネイビー」の計4色をご用意していますので、お好みの色をお選びください。

並び替え
1件中 1-1件表示

クロコダイル 名刺入

¥ 28,000 税抜
¥ 30,800 税込
並び替え
1件中 1-1件表示

万双 店舗一覧

Shop List

お持ちの万双製品を店舗・アトリエにご持参いただければ、
その場で万双オリジナルのエイジングクリームを使用したメンテナンスを行わせていただきます。

また、革の種類や状態にあわせてご自宅でできるケアやエイジングについて、
専門家がアドバイスさせていただきますのでお気軽にご相談ください。

東京店

東京店

狭い店舗ですが、実際に世界最高の革と製品を手にとってご覧いただけます。ホームページ上ではお伝えする事のできない製品の良さや革の説明、製品の見分け方など、色々興味深い事をお客様にお伝えする事が出来ます。是非ご来店下さい。