秀麗で堅牢たるステッチ

  1. トップページ >
  2. 万双のこだわり >
  3. 秀麗で堅牢たるステッチ

整然とステッチを刻む

一見、皮革製品と聞くと手縫いの方がミシン縫いより優れているように思われがちですが、手縫いが全てにおいて優れている訳ではありません。万双は、両者の長所を兼ね備えた縫製に拘り続けました。そして、「万双独自の菱縫い」が誕生することとなったのです。

  • 万双の飽くなき追求、秀麗な
    ステッチを生み出すために
    拘り続けた事とは

    大胆な組み合わせ、上質な素材、卓越されたデザイン、そして、徹底的に拘り抜いたディテールによって他の追随を許さない「粋を纏った製品」が生み出されます。

    初めて、万双の製品を手に取った瞬間、整然と刻まれたステッチに目を奪われるのではないでしょうか。選び抜かれた革からインスパイアされたデザインを、熟練した職人の手によって縫製する。縫製技術は、革と革とを繋ぎ合わせるだけの単なる工程ではなく、そこには、職人の誇りが刻み込まれているといっても決して過言ではありません。

    万双が採用しているのは、見た目が美しく耐久性に優れた「菱縫い」しかも、単なる菱縫いではなく、より美しく整然とステッチを刻む様、針を極限まで研ぎ澄まし、革の組織を破壊することなく、「斬る様に縫う」縫製技術。刃物で切るように、スッと革に菱型の縫い目を開け、ここに糸を通して、キュッと締め上げると菱形の鋭角の方に糸が引っ張られ、糸が斜めになって収まる。これを繰り返していくと、一目一目が綺麗に斜めになりながら縫い目が出来るのです。

    • バッグ全体に張り巡らされたステッチは、全体を引き締めかつ、デザイン性を格段に向上させている。
    • 整然とならんだステッチ。他に類を見ない美しさを醸し出しているのが最大の魅力。
  • デザインと機能性の融合に
    全力を注いだ 万双の軌跡

    「非常に耐久性があり、美しいステッチ」これが万双の菱縫いの特徴です。

    万双では、この高度な縫製技術を、すべての製品の組み上げ時に取り入れております。また、手縫いの縫製技術の高さはもちろんの事、ミシン縫いの技術にも定評があります。非常に難解とされているミシンの機構を改良し、ミシンに使用する菱針を極限まで研ぎ澄ますことにより、縫い目が非常にシャープで、大変締まりの良い菱縫いが可能になりました。

    手縫いの長所である締め付けの強さと、ミシン縫いの長所である、安定して等間隔で刻むステッチの両方を兼ね備えた縫製技術は、現在、すべての製品に採用され、デザイン性と実用性を十二分に兼ね備えた製品を世に送り出しております。

    • 上が万双の「菱縫い」下に比べると、エッジが立っており、しっかりとステッチが刻まれていることが見て取れる。
    • 万双のミシンは、菱針からミシンの機構まで、すべてに渡り独自の改良を施し、類まれなステッチを刻む。