革の種類と取り扱いについて

  1. トップページ >
  2. 革の種類と取り扱いについて

革へのこだわり

今日において、天然革の代用品として様々な合成革が開発されてきましたが、天然革の持つ様々な長所を備える合成革を開発するまでには至っていません。天然革は、合成革と異なり、水分を吸収したり発散させたりする性質や、使用者に合わせて自在に変形する性質があり、身体に限りなくフィットし、お手入れ次第では「一生もの」として使用できる魅力があります。その中でも、万双の使用する革は、全て厳選された材質の天然革です。

世界各国から確かな職人の眼で選りすぐられた革を世界最高の製品を生み出す為に惜しみなく用いております。お客様に、「世界最高峰の品質と常識的な価格」で革製品を提供する為には労を惜しむことはございません。このことは、万双においては「当然」のことであり、どんなに時代が変わろうと、万双においては決して変わることのない普遍的なことです。

双鞣和地

職人の技術と努力の結晶によって生まれた
万双独自の最高品質レザー

  • ブライドルレザー

    ブライドルレザー
    最初はロウが残っているため、そのままご使用頂いても問題ございませんが、鞄等のアイテムによってはロウが衣類に付着する場合がございます。プレケアとしてある程度ロウを取って頂くために、乾いた柔らかい布、または、柔らかめの馬毛ブラシで磨いて頂くか、万双エイジングクリームを併用してお手入れを行って頂くことをお薦めしております。

    クリームにてお手入れを行って頂く際はクリーム少量を柔らかい布等に取って頂き、製品にそのまま塗らずに、クリームの容器の裏蓋等で伸ばして下さい。クリームが伸びましたら、革表面全体に極々少量を薄くムラなく均等に延ばすように塗り込み、拭き(磨き)あげてください。(※他の革もクリームにてお手入れを行って頂く際の手順は同様です)
  • シモーネ

    シモーネ
    シモーネ(オイルドレザー)は多くオイルを含んでおり、すでに革の内側から表革に現れております。そのため、ご使用当初はお手入れのために重ねて革クリームを塗布して頂く必要はなく、柔らかい布にて、乾拭きを繰り返すだけで艶やかな光沢が生まれ、使えば使うほどに味わいが増してきます。
    ある程度ご使用頂き、表面がカサついてきたと感じられましたら、万双エイジングクリームにてお手入れを行ってください。
  • コードバン

    コードバン
    革を磨く際は柔らかい布であまり力を入れずに乾拭きをしてください。
    定期的に万双エイジングクリームにて、お手入れをして頂くことをお薦め致します。
    濡れてしまった場合は、すぐに水分をとり、陰干しを行って頂いた後、万双エイジングクリームにてお手入れを行って頂けましたら、ツヤが戻ります。
  • ブッテーロ

    ブッテーロ
    過剰なお手入れは避けて、水拭きして塩分や汚れを取って、乾拭きをおこなってください。
    長年使用し、輝きが少なくなってきましたら、その時には、万双エイジングクリームを皮膜のように薄く満遍なく塗りシミができないうちに拭き取ってください。
  • チェルケス

    チェルケス
    革を磨くには綿100%の布であまり力を入れずに乾拭きをしてください。
    濡れた場合は、すぐに水分をとり、陰干しを行い、万双エイジングクリームにてお手入れを行ってください。その際、表面を傷つけないように軽く磨いて頂けましたら、ツヤが戻ります。
  • クロコダイル

    クロコダイル
    定期的に万双エイジングクリームにてお手入れをして頂くことをお薦め致します。
    少しの汚れは柔らかい消しゴムで軽くこすって取り除くようにしてください。
    水に濡らしてしまった場合は出来るだけ早く乾いた布やティッシュペーパーで拭き取り、陰干しを行って頂いた後、クリームにてお手入れを行ってください。