1. 万双トップページ
  2. 革の種類
  3. コードバン
  4. コードバン 長財布(小銭入付)
  1. 万双トップページ
  2. 財布 メンズ 革 ブランド
  3. コードバンの財布
  4. コードバン 長財布(小銭入付)

コードバン 長財布(小銭入付)

商品番号 m00000231
¥ 35,750 税込
[ 325 ポイント進呈 ]
color pick up
ネイビー
  • カラー
ボルドー
  • カラー
小銭の出し入れがしやすいスマートな長財布

「長財布のスマートさは絶対に欲しいけど、やっぱり小銭入れも欲しい」という、ご要望を実現した財布がこちら。 ご覧の通りの薄さながら、紙幣を楽に20枚ほど収納可能な札入れ部分と、10枚収納できるカード入れ、さらにチケット類や領収書などを収納できるポケット部を3つ実装。 これに小銭入れが付くのですから、最強クラスの長財布ですね。

小銭入れはファスナーにより開口部が横に大きく開くタイプですので、「ミニ財布や二つ折り財布では手が引っかかって小銭の出し入れがしにくい」という方には便利だと思います。

コードバン 長財布(小銭入付)のご紹介

Product introduction

商品の特徴

Feature

01 どんなに使い込んでも光沢が衰えないコードバンを厳選

伝統的な水染め染色方法である「アニリン染め」が施されたコードバンを使用。原皮一枚より製品を2つしか製作できない一枚仕立ての逸品です。 使い初めはマットな表情ですが、ご使用いただくうちに革内部のオイルが表面に湧き上がり自然な光沢が現れます。 財布の場合は特に折り曲がりの部分にストレスがかかり起毛しやすいため、職人が事前に屈曲性を確認しながら最適な部位を選んで使用。 これにより、どんなに使い込んでも、コードバン特有の艶や光沢をお楽しみいただけるようになっています。

02 徹底的に厚みを出さないことを実現した職人技

表側にはコードバンを、内張りには全て上質のヌメ革を使用し、「高級感」というに相応しい仕上げとなっていますが、厚みを出さないよう徹底的にこだわりました。 強度を保ちながらなるべく薄くなるよう革の厚みを調整するなど、文字通り職人の技が投入された一品です。

03 強靭で繊維が詰まった革を縫うということ

コードバンが馬のお尻の最も強靭な繊維が詰まった部分を使った革であることは、よく知られていますが、そのために縫製が大変であることはあまり知られていません。 万双では、手縫いとミシン縫い両方の長所を兼ね備えた縫製にこだわり「菱縫い」を採用していますが、コードバンのように繊維が詰まった硬い革は、簡単に縫製させてくれません。 真っ直ぐ針を落とさないとすぐに針が折れてしまうため、一針一針、丁寧にじっくりとミシンを走らせています。

04 最高級の財布には最高級のファスナーを

こちらの財布のファスナーには、YKKの金属ファスナーの中で最も高級な「EXCELLA_(エクセラ)」を採用しています。 エレメント(土台の噛み合うパーツ)の一つ一つに入念に磨きをかけているため、スライダーの滑りもとても滑らかであり、強度にも優れ、そして何と言っても高級感がずば抜けています。 そのぶんお値段は通常のメタルファスナーの2~3倍ほどしますが、最高級の財布には最高級のファスナーがふさわしいと考え、採用しています。

05 コーディネートのワンポイントになる2色展開

カラーバリエーションは「ネイビー」と「ボルドー」の2色展開。 通常であればブラックやブラウンを取り揃えるところですが、それではあまりに遊び心がないと、万双ではこの2色で展開しています。 コーディネートのワンポイトとしてお使いください。またいずれもシックな色合いですので、ビジネスでの使用にも差し支えはありません。

革の紹介

Mansaw’s Leather
コードバン

コードバン

「革のダイヤモンド」と言われるほど希少価値が高く、従来の革と比べ突出した堅牢性を誇り、美しい光沢が特徴のコードバン。万双が採用しているコードバンは、伝統的な水染め染色方法である「アニリン染め」によるもので、使い初めはマットな表情ですが、ご使用いただくうちに革内部のオイルが表面に湧き上がり自然な光沢が現れます。また折り曲がりの部分はストレスがかかり起毛しやすくなるため、職人が事前に屈曲性を確認しながら最適な部位を選んで使用。これにより、どんなに使い込んでも、コードバン特有の艶や光沢をお楽しみいただけるよう努力しています。お手入れの際は、柔らかい布であまり力を入れずに乾拭きをしてください。また定期的に万双エイジングクリームを使用することをおすすめします。

商品詳細

Detail
素材 コードバン(馬革)
ライニング ヌメ革(ベージュ)
サイズ H19.0/W8.5(cm)
重量 127g
機能 札入れx2、カード入れx10、小銭入れx1、ポケットx3を装備。紙幣は15枚ほど収納可能です。

万双のおすすめ商品

前へ
次へ

万双について

About Mansou

“独創的でありながら、普遍的な粋を語れる革製品メーカーであり続ける”

手間ひまをかけて丁寧にコバ処理がされている製品は、コバが傷ついてしまっても何度でも磨き直しが可能なため、何十年と使用された製品も、コバ磨きをすることで再び輝きを取り戻し、長くお使いいただくことができます。
クロコダイルの革はクロム鞣しのため、タンニン鞣しと比べるとコバが綺麗に仕上がりにくく、万双では通常の倍近い時間をかけ、財布の命とも呼ばれるコバを丁寧に磨き上げ、最高に贅沢な仕上げを実現しています。

秀麗で堅牢たるステッチ

皮革製品は手縫いの方がミシン縫いより優れているように思われがちですが、手縫いが全てにおいて優れている訳ではありません。 万双は、手縫いとミシン縫い両方の長所を兼ね備えた縫製に拘り続けました。
その結果、万双が採用しているのが「菱縫い」。
刃物で切るように、スッと革に菱型の縫い目を開け、ここに糸を通してキュッと締め上げると、糸が斜めになって収まる。これを丹念に繰り返していくと、一目一目が綺麗に斜めになった縫い目ができあがります。
「見た目が美しく耐久性に優れたステッチ」。
これが万双の「菱縫い」の特徴です。

厳選された部品の数々

商品細部にこだわり、実用性とデザイン性のバランスを絶えず意識しながら、最高品質の製品を提供する万双。
この飽く無き追求心は、製品の細部にも宿っています。
たとえば、鞄の持ち手。一般的にはゴム芯やアルミ合金などに革を巻き付けて作られるものが多いのですが、万双が採用しているのは、革を積み上げ削り出した持ち手。
革の塊を積み上げた後にくり抜き、さらに鉋を用いて曲面を調整。こうして生み出された持ち手は、手のひらへの馴染みが心地良く、また使い込むほどに、使い手に合ったハンドルへと変化していくのです。
そのほかにも、鞄に使用する金属は、すべて真鍮の削り出しを使用するなど、万双では、常に製品全体のバランスを考え、労を惜しむことなく、何を採用するのが最善であるかを常に考え製作を行っております。

手間を惜しまないコバ処理

手間ひまをかけて丁寧にコバ処理がされている製品は、コバが傷ついてしまっても何度でも磨き直しが可能なため、何十年と使用された製品も、コバ磨きをすることで再び輝きを取り戻し、長くお使いいただくことができます。
万双では、製品をご購入いただいたお客様と共に製品を育てていくという考えに基づき、コバ処理には一切の妥協をいたしません。

拘り抜いた道具

使用する道具は、ヨーロッパ製から日本製まで世界各国の厳選された逸品が並びます。
職人は、自分のスタイルにあった道具を選び、自分自身の確立されたスタイルで製品を組み上げるのです。
また、持ち合わせの道具では上手く製品を組み上げることが困難な場合、職人自らが、何年もかけて納得のいく道具へと改良を施します。
徹底的に完璧な組み上げにこだわった、万双の職人らしい発想であると思います。

万双が、あえて製品にブランドマークを刻まない理由

万双の使命は革に新たな息吹を与え、末永くご愛用頂ける製品を提供し、お客様と共に育んでいくことであると考えております。
革は、身につけていくうちに、ご自身だけの皺や傷が刻まれ表情が変わっていきます。
万双が、あえてブランドマークを製品に刻まなくとも、ご自身の生きた軌跡が革に刻まれていくのです。

情熱至上主義

技術の修得は、職人になるために必要不可欠です。時間をかけて経験を積めば、職人の基礎的な技術は身に付ける事ができるでし。しかし、技術と経験に加えて忘れてはいけないのが「情熱」。
本当に才能のある職人は、対象物に対して「情熱」を持ち続ける職人の事を指すのではないでしょうか。
製品の企画、組み上げ、メンテナンス、全てに全力で取り組む万双の職人。
万双は職人の高い技術と経験、そして「情熱」によって支えられているのです。

万双 店舗一覧

Shop List

お持ちの万双製品を店舗・アトリエにご持参いただければ、
その場で万双オリジナルのエイジングクリームを使用したメンテナンスを行わせていただきます。

また、革の種類や状態にあわせてご自宅でできるケアやエイジングについて、
専門家がアドバイスさせていただきますのでお気軽にご相談ください。

東京店

東京店

狭い店舗ですが、実際に世界最高の革と製品を手にとってご覧いただけます。ホームページ上ではお伝えする事のできない製品の良さや革の説明、製品の見分け方など、色々興味深い事をお客様にお伝えする事が出来ます。是非ご来店下さい。

神戸店

神戸店

デザイナーの田中が常駐しているアトリエを兼ねた店舗になります。商品数は決して多くありませんが、ご希望があれば東京店から品物を取り寄せることも可能です。遠慮なくお申し付けください。